XM Trading

XMの入金を分かりやすく解説 おすすめの入金方法はどれ?

こちらでは、XMの入金に関してのことなど、なるべく分かりやすく解説しています。
複数ある入金方法の中で、使いやすくおすすめの方法などもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

XMの入金の種類

XMには、現在5種類の入金方法が用意されています。
銀行送金、クレジットカード、bitwallet、STICPAY、BXONEの5種類です。

このうちクレジットカードはVISAかJCBが使用可能です。

ただ、現在JCBの新規利用は停止中のため、ご注意ください。
また、STICPAYも現在利用が停止されており、こちらもご注意ください。
※過去入金に使用されたことがある場合は利用可能

JPY USD EUR
銀行送金
VISAカード
JCBカード ×
bitwallet × ×
STICPAY ×
BXONE × ×

こちらのように、取引口座の基本通貨で利用可能な入金方法が違います。
多くの方はJPYを利用されると思いますので問題ありませんが、それ以外の通貨を選択されている場合はご注意ください。

最低入金額と入金上限額

最低入金額 入金上限額(1回当) 入金上限額(1日当)
銀行送金 1万円 1,000万円 上限なし
VISAカード 500円 80万円 300万円
JCBカード 1万円 30万円 100万円
bitwallet 500円 80万円 上限なし
STICPAY 500円 80万円 上限なし
BXONE 500円 80万円 上限なし

※JCBカードのみ、1カ月毎の入金上限額は100万円となっています
※現在スティックペイとJCBカードでの入金が出来なくなっています
ただし、過去利用履歴がある方は利用可能です

入金手数料

XMでは、どの入金方法を選択しても手数料は無料となっています。
ただし銀行送金のみ、入金額が1万円以下の場合は980円の手数料が必要ですので、ご注意ください。

取引口座への反映時間

反映時間
銀行送金 1時間以内
VISAカード 即時反映
JCBカード 即時反映
bitwallet 即時反映
STICPAY 即時反映
BXONE 即時反映

入金してから取引口座への反映までにかかる時間ですが、銀行送金以外は即反映されます。
実際入金してみるとわかりますが、遅くとも数十秒程度で反映されています。

銀行送金は処理に時間がかかるため、最大で1時間程度かかる場合もあるようです。
早い場合は30分程度で反映されますが、1時間はかかると考え、念のため早めに入金しておくことをおすすめします。

 

 

銀行送金の詳細

入金可能な基本通貨 JPY、USD、EUR
最低入金額 10,000円
入金限度額(1回当り) 1,000万円
入金限度額(1日当り) 上限なし
手数料 無料(1万円以下は980円)
口座への反映時間 30分~1時間

XMの入金方法の中でも、最も利用の多い入金方法が銀行送金です。
日本国内の銀行から入金でき、早ければ30分程度、遅くとも1時間程度でXMの口座へ反映されます。

銀行送金のメリット
  • 国内のどの銀行からでも入金、出金できる
  • 入金額に関係なく出金できる
  • 入金額と利益も同時に出金できる
  • どの基本通貨でも入金できる

銀行送金はJPY、USD、EUR全てのタイプの口座へ入金ができるため、非常に便利です。
USD、EUR口座への入金の場合、振込時には日本円で送金されますが、XMの口座ではそれぞれの為替レートで入金されます。

ただし、日本国内の銀行が営業日以外の場合(土日祝日等)は、翌営業日の取り扱いとなるため、注意が必要です。
また営業日であっても、営業時間外の場合は翌営業日の取り扱いとなります。

このため、急ぎで入金をしたい場合には、他の入金方法を利用されることをおすすめします。

銀行送金の注意点

銀行送金で入金をする場合、振込人名義を変更する必要があります。
変更せずに名前だけで送金したりすると、入金の反映に時間がかかったり、入金自体が反映されない場合があるため、必ず変更するようにしてください。

変更する振込人名義は、XMに登録した氏名(ローマ字)+入金する取引口座番号としなくてはいけません。
例えば名前が「Nihon Taro」で、入金する口座番号が「11112222」だった場合「Nihon Taro 11112222」と振込人名義を変更してから送金してください。

※入金する取引口座番号とは、MT4あるいはMT5の口座番号のことです

クレジットカード(デビットカード)の詳細

入金可能な基本通貨 JPY、USD、EUR(JCBは不可)
最低入金額 500円(JCBは10,000円)
入金限度額(1回当り) 80万円(JCBは30万円)
入金限度額(1日当り) 300万円(JCBは100万円)
手数料 無料
口座への反映時間 即時反映

クレジットカードは、入金後即時に口座へ反映されるため、非常に便利な入金方法です。
銀行送金と違って24時間いつでも即利用できるので、夜間や休日など関係ないというのは大きなメリットです。

クレジットカードのメリット
  • 口座への反映が早い
  • 500円から入金ができる(VISA)
  • 手数料が無料
  • 24時間356日いつでも入金可能

クレジットカードは、銀行送金と同じくJPY、USD、EUR全てのタイプの口座へ入金が可能です。
※JCBはEUR口座への入金はできません。

ただ残念なことに、現在JCBでの新規の入金は制限されています。
今後再開されるかどうかは未定ですが、もし再開されれば追記していきたいと思います。

また、クレジットカードは1回の入金限度額がVISAの場合で80万円、JCBの場合で100万円と低いのが難点です。
1日の限度額もVISAが300万円までと低い為、高額の取引を希望される方にはおすすめできません。

これはデビットカードでも同様で、今後の改善が待たれるところです。

ただ、クレジットカードの場合はポイントが貯まるという利点もあり、限度額の範囲でポイント獲得を目当てに利用するという手もあります。

クレジットカードの注意点

クレジットカードで入金をする場合の注意点として、入金した額以上の出金はできないという点があります。
これは、利用した金額分をキャンセル処理して、返金と言う形で出金されるからです。

ただこの場合入金額を超える分、要するに利益分は、別途銀行送金で出金ができますのでご安心ください。

また、何度かこのページで記載していますが、現在JCBカードでの新規の入金はできません。
過去にJCBカードの利用履歴がある場合は利用可能ですが、新規で口座を開設された方は履歴はないはずなので、残念ながら利用はできません。

bitwallet(ビットウォレット)の詳細

入金可能な基本通貨 JPY
最低入金額 500円
入金限度額(1回当り) 80万円
入金限度額(1日当り) 上限なし
手数料 無料
口座への反映時間 即時反映

ビットウォレットは、XMで利用できる入金方法の中で最も迅速に入金ができる入金方法です。
クレジットカードと同じく、24時間いつでも即時に口座へ反映されるので、ストレスなく利用出来ておすすめです。

ビットウォレットのメリット
  • 入金後即時に反映される
  • 多種のクレジットカードが利用可能
  • 手数料が無料
  • 銀行振込の入金手数料がかからない

ビットウォレットを経由することで、XMでは利用できない種類のクレジットカードが利用できるため、非常に便利です。
またビットウォレットを経由すれば、銀行振込の場合も入金手数料が必要ないというのもメリットです。

さらに、国内の銀行への出金手数料が880円と安く、資金の移動コストを抑えることができるため、海外FXで利用される方が非常に多い決済方法です。

ビットウォレットの注意点

XMの口座への入金はJPYに限られ、USD、EURへの入金ができませんので注意が必要です。
さらに、XMへの入金額が出金の際の限度額になるため、その点にもご注意ください。
※入金額以上の出金は銀行送金で出金は可能です

STICPAY(スティックペイ)の詳細

入金可能な基本通貨 JPY、USD、EUR
最低入金額 500円
入金限度額(1回当り) 80万円
入金限度額(1日当り) 上限なし
手数料 無料
口座への反映時間 即時反映

スティックペイは全ての通貨タイプへ入金が可能な、非常に便利な決済方法です。
スティックペイ最大の魅力は、スティックペイを介して様々な種類の仮想通貨を利用できるという点です。

XMでは仮想通貨での入金はできませんが、スティックペイを間に挟むことで利用できるため、重宝します。

スティックペイのメリット
  • 全通貨タイプの口座へ入金できる
  • 24時間いつでも入金できる
  • 手数料が無料

スティックペイには、仮想通貨の他に国内銀行、海外銀行、クレジットカード(VISA、マスターカード)からも入金が可能です。
そのため、XMでは不可能な入金方法も利用可能です。

スティックペイの注意点

何度も書いているように、現在XMではスティックペイの利用はできなくなっています。
過去に利用歴のある方は利用できますが、それ以外の方は利用できないためご注意ください。

また、入金額以上の出金は出来ず、入金額を超える分の出金は銀行出金を利用して出金しなくてはいけません。

BXONE(ビーエックスワン)の詳細

入金可能な基本通貨 JPY
最低入金額 500円
入金限度額(1回当り) 80万円
入金限度額(1日当り) 上限なし
手数料 無料
口座への反映時間 即時反映

BXONEは、24時間いつでも好きな時に即座に入金ができ、非常に便利な決済方法です。
XMでは利用できない仮想通貨での入金も可能なので、仮想通貨を利用したい方にはおすすめです。

BXONEのメリット
  • 24時間いつでも入金できる
  • 仮想通貨が利用出来る
  • 入金手数料が無料

BXONEの注意点

BXONEは比較的新しい決済方法で、海外のFX業者でも利用できるところが少なく、複数のFX業者を一元管理したい方には不向きです。
また、USDでしか入出金ができず、入出金の度に為替差損が発生してしまうため、正直使いづらいです。

仮想通貨でFXの資金を管理されている方にはおすすめできますが、日本円で管理されている方には、現状あまりおすすめできません。

 

 

XMのおすすめの入金方法


XMで利用する入金方法で迷っているという方へ、おすすめの入金方法を目的別に合わせてご紹介したいと思います。

早く口座へ入金したい方

すぐに口座へ入金したい、反映させたいという場合は、クレジットカードが最も早く口座に反映されおすすめです。
ビットウォレットやBXONEも即時反映ということになっていますが、クレジットカードがやはり一番早く反映されます。

利用者の多い銀行送金は、反映までに1時間ほど待たなければならない場合が多く、急ぎの場合には不向きです。

土日や夜間などに入金したい方

土日や夜間など、銀行の営業時間外で入金したい場合は、クレジットカードが確実です。
もし銀行口座の現金と連携させたいという場合は、デビットカードが発行できるネットバンクでデビットカードを作っておくと便利です。

手数料をなるべく抑えたい方

手数料を抑えたいという方は、一応全ての入金方法で対応可能です。
ただし、銀行送金のみ1万円以下の入金は980円の入金手数料がかかるので、ご注意ください。

XMの入金ボーナス活用方法

XMでは、入金をすると貰える入金ボーナスがあります。
これが結構バカに出来なくて、最大で5,000ドル、約50万円も貰うことができるんです。

入金ボーナスは2段階になっており、入金額に応じてもらう事ができます。
入金額が500ドルまでは100%のボーナスで、つまり丸々500ドルを貰えます。

500ドルを超える入金分は、最大で5000ドルまでは20%がボーナスとなり、最大で4,500ドル貰うことができます。
この入金ボーナスは自動で付与され、特に申請などを行う必要はありません。

入金の回数に制限はなく、枠を使い切るまではボーナスが貰えるので、非常に嬉しいボーナスなんです。

この入金ボーナスですが、貰ったら即出金ができるわけではなく、その点は残念です。
ただ、そのままトレードには利用することができるため、最初はこのボーナスでトレードを行い、徐々に追加で資金を投入するという事が可能です。

注意しておきたいのは、ボーナスが残っているのに出金をすると、出金額分がボーナスから引かれてしまう点です。
ボーナスを使い切っていない場合は、極力出金をしないようにしてください。

また、ゼロ口座では入金ボーナスはありませんので、入金ボーナスが欲しい方はスタンダード口座かマイクロ口座で口座を開設されてください。